今の抗アレルギー薬は眠気が少ない?

花粉症はヒスタミンの働きにより、鼻水やくしゃみ等の症状が現れます。抗アレルギー薬はそのヒスタミンを抑える事により、症状を軽くし遅らせる効果があります。この抗アレルギー薬は眠気が少なく副作用もあまりない為、大変使いやすい薬と言えます。

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬について

抗アレルギー薬には、アレルギー反応を引き起こす伝達物質の放出を防ぐ働きがあります。
一方の抗ヒスタミン薬は、放出された伝達物質の結合を阻害する事が、抗アレルギー薬との違いです。
抗アレルギー薬の使い方は、症状が出る前に使用する事で、予防目的と効果を発揮する事が主な方法です。
抗ヒスタミン薬は、既に発症してしまったアレルギーに対して使用する事で、症状を抑え和らげる事が目的にあります。
それぞれ働きは違いますが、アレルギーに対処する目的は同じですし、使い分けが対抗する方法として大切な点です。
抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬は、状況や薬の種類によっては併用出来ますが、厳密には使い分ける事が重要です。
症状が発生している場合は、抗アレルギー薬を使用しても十分な効果が得られません。
その理由は、抗アレルギー薬に即効性がなく、服用から時間をかけて効果を発揮するからです。
また、抗アレルギー薬の効果を期待して抗ヒスタミン薬を使用する事も間違った使い方です。
薬には適材適所、最適な使用条件があるので、状況に合わせて使い分ける事が薬を無駄にしない方法です。
既にアレルギーが発症している時は、現段階を正しく把握して対処する事が必要になります。
症状が起こり始めた初期であれば、抗アレルギー薬が適用出来る段階なので、早めの診察と判断が治療を左右します。
長期化して進行している場合は、症状を抑えて食い止める必要があり、治療目的の薬が使用に適しています。
症状によっては、複合的に問題が発生してる場合があるので、この点を正確に把握する為にも医療の判断を受ける事が大切です。
原理的には、二種類の薬の働きはそれぞれ異なりますが、アレルギー状態の判断は難しいので、使い分けず併用される場合もあります。
■暖かい春は気持ちよく過ごしたい!
ザイザルで花粉症をシャットアウト!
■抗アレルギー薬でつらい症状から解放されたい!
アレグラはアレルギー性鼻炎を改善します