花粉症はヒスタミンの働きにより、鼻水やくしゃみ等の症状が現れます。抗アレルギー薬はそのヒスタミンを抑える事により、症状を軽くし遅らせる効果があります。この抗アレルギー薬は眠気が少なく副作用もあまりない為、大変使いやすい薬と言えます。

チタンの金属アレルギー・抗アレルギー薬と広がる新説

チタンは基本的には金属アレルギーを起こしにくい金属であるとされているのですが、人によってはアレルギー症状が出る場合があるので抗アレルギー薬などを服用して症状を改善する必要があります。またチタンによるアレルギーであることを確かめるためにパッチテストなどを行う必要があるので、アレルギー科を受診して金属アレルギーの検査を受けることが大切です。またチタンは歯科治療において使われることが多く、とくにインプラント治療で使われるので、チタンが原因物質の場合はインプラント治療の方針を変更しなければなりません。抗アレルギー薬はアトピー性皮膚炎などにも処方されているのですが、世界中に広がる新説ではアトピー性皮膚炎は皮膚で繁殖しているブドウ球菌が原因であるとされているので、抗アレルギー薬よりもむしろ抗菌薬などを処方するほうが効果的であるとされています。しかしアトピー性皮膚炎は免疫力が低下すると症状がひどくなるのでアレルギー症状と同時に起きることも多く、かゆみを伴っているのでステロイド薬や抗アレルギー薬を同時に処方するのが一般的です。世界に広がる新説は様々な検証を経てから実際の医療現場で確認されるのですが、日本では一部の医療機関でヨードチンキなどによる皮膚の消毒によってアトピー性皮膚炎が改善するとされていたので、現在世界中に広がる新説はこの医療機関の医療行為の根拠となる可能性もあります。チタンアレルギーが1番問題となるのは歯科治療の現場で、インプラントの手術を行った後からこの事実が判明すると、もう一度インプラント治療をやり直さなければならないので、体に負担が大きくなります。またパッチテストを事前に行うことでチタンによるアレルギーを発見することができます。